レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインとは

PC、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスに最適化したホームページを、ひとつのHTMLで実現する制作(デザイン)手法です。

デバイスごとに専用ページを用意することなく、ブラウザのウィンドウ幅に合わせてホームページのレイアウトを変更させる、これからの時代を見据えたホームページデザインです。

「モバイルファースト」という考え方

レスポンシブWebデザインが注目される背景には、スマートフォンの急速な普及が挙げられます。

従来のホームページは、PC環境のみを意識すれば良かったのですが、スマートフォンがPCの出荷台数を凌駕する昨今、スマートフォンで快適に閲覧できるホームページがアクセス数を伸ばしているのが現実です。

デオプランニングのホームページ制作では、まずスマートフォンの小さな画面でも見やすいようなデザインを考慮し、その後、タブレット・PCへとデザインを展開していきます。それが「モバイルファースト」の考え方です。

レスポンシブWebデザインのメリット

■運営の負担軽減

PCとスマートフォンがそれぞれ専用のホームページで作られていたとしたら、内容の修正がある度に、両方のデータを修正しなければなりません。しかし、ひとつのHTMLで管理するレスポンシブWebデザインなら、1回のデータ修正で、PC、スマートフォンはもちろん、すべてのデバイスで見えるホームページが最新の情報に更新されます。

■拡張性の高さ

インターネットを閲覧できるデバイスは、PC・タブレット・スマートフォンだけとは限りません。ゲーム端末などでもインターネットの閲覧が可能ですし、今後より多くのデバイスが世の中に登場し、様々な環境でインターネットを楽しめる時代が来ることは間違いありません。

将来、普及が予想される「スマートTV」への対応も、レスポンシブWebデザインなら、多少の調整だけで問題なく表示されるようになります。

レスポシブWebデザインは、マルチデバイス化するインターネットの世界に最も適した制作手法と言えます。

■SEO効果

Google/Yahoo!などで検索順位を決めるアルゴリズムは、様々は要素で決められており、レスポンシブWebデザインでホームページを作ったからと言って、検索順位が飛躍的に上昇するわけではありません。しかし、Google/Yahoo!から好意的に見られることは間違いありません。
「被リンク数を増やす」「キーワードを大量に散りばめたページを作る」などの小手先のSEO対策が通用しなくなり、現在では内容の濃さ、つまりユーザーのことを考えられたホームページが順位を上げています。
そこでレスポンシブWebデザインです。あらゆるデバイスで快適にホームページを閲覧することができるこの制作手法は、「ユーザーのことを考えている」と高評価されるはずです。
ここで、レスポンシブWebデザインの特徴でもある、「HTMLがひとつ=URLもひとつ」について、Googleのウェブマスタートレンドアナリスト ジョン・ミューラー氏による、こんな記事があります。

可能なら、CSS3のMedia Queriesのような特別なスタイルシートを使い、同じURLでスマートフォンに専用のコンテンツを見せるといい。こうすることの利点は、特別なURLを必要とせず、クロールやインデックスについて考えなくていいし、スマートフォンユーザーをどのようにしてリダイレクトするかを考慮する必要もないことだ。

レスポンシブWebデザインを使った手法のことです。

つまり、PC用、スマートフォン用のページがある場合、同一のURLを使用すれば、検索エンジンのクロールやインデックスについて、ひとつのURLのみ考慮すれば良い。その手法として、レスポンシブWebデザインが挙げられる。という内容のことを言っています。

これは、検索エンジン側の見解として、同じ内容のページなのに余計なURLをインデックスしたくない、という意図もありますが、Googleのウェブマスターが、「レスポンシブWebデザインによる同一URL」を推奨していると言うことも意味しています。

お問い合せ

お電話でのお問い合せ

受付時間:平日10:00〜12:00 / 13:00〜18:00